インクナビよりもamazonや楽天、ヤフーのほうが安い?評判は?

インクナビ

(株)ジーストリームが運営する「インクナビ」は、キヤノン、エプソン、ブラザー、ヒューレット・パッカード(HP)のインクジェットプリンタ向けの互換インクを安く買えます。
文書印刷向けには純正品に負けない品質でありながらも、価格は正規品の半額程度と安いのが魅力的です。

また、インクナビの互換インクは保証が充実しています。
インク自体の不具合による無料交換はもちろんのこと、インクが原因でプリンターが故障した場合には、修理代の全額補償、修理中に代替プリンタの貸し出し、もしくは同等品相当の新品プリンタ提供といたれりつくせりです。

しかし、インクナビと同様レベルのサポートが受けられて、更に安く互換インクが買えたら、そっちのほうがいいですよね。
amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどのほうが安く買えるのでしょうか?

インクナビ

インクナビの互換インクを最安値で購入できるのは?

インクナビで販売している互換インクは、楽天市場やamazon、Yahoo!ショッピングなどでは「ホビナビ」という屋号で販売しています。
いずれも(株)ジーストリームが運営しています。

ホビナビは本店も運営しています。

いくつかの互換インクで、店舗ごとの価格差を調べました。
(2020年5月22日に調査した時点での価格です。最新の価格は改めて確認してください)

品名 インクナビ amazon 楽天 Yahoo!
bci-19-5cl-set 1,673円 販売なし 1,674円 1,674円
bci-7e-9-4mp-set 2,526円 販売なし 1,711円 1,711円
ic04-4cl-set 1,889円 販売なし 1,889円 1,889円
time-ic50-6cl-set 3,545円 1,780円 2,017円 2,017円

インクナビのほうが安い商品もあれば、楽天やYahoo!ショッピングのほうが安い場合もあったりとバラツキが見られます。
amazonでは、他店舗と比べて購入できるインクの種類が少ないです。

各店舗での販売価格を比較して購入したほうがいいですね。

購入後のプリンター本体保証はインクナビで購入した場合のみとなります。
また、型番を間違って購入した場合の交換、プリンタ買い替えで買い置きインクが不要になった場合の交換など、インクナビのほうがアフターフォローは充実しています。

インクナビでは、セット商品をまとめ買いすると、以下の割引が受けられます。

  • 2セット購入で合計額から5%OFF
  • 3セット以上購入で合計額から10%OFF

インクナビの互換インクは文書印刷に最適化

インクナビ 互換インク 文書印刷

インクナビの互換インクは、写真を除く全ての文書印刷で最適な画質を実現するために開発されています。

ビジネス文書

純正インクと同じ設計思想で作られており、顔料・染料の成分の比率もほとんど変わりません。
リサイクルインクとは異なり、高精度のICチップを備えた新品カートリッジを使用しているために品質が安定しています。

一方、インクナビの互換インクは退色を防止する成分を入れていないため、写真用紙への画像印刷は純正品と比べて劣るだけでなく、長期間保管すると色あせが出てきます。

色あせ 比較

このため、写真を印刷する場合は純正インクを使用するか、写真屋さんで現像したほうがいいと割り切って使う分には、インクナビの互換インクのほうがお得に使えます。
インクナビは純正インクの半額程度の価格で買えるためです。

インクナビの互換インクは、純正インクと同じく正常稼動率99.9%を実現しています。

インクナビは保証/アフターフォローが充実

インクナビ 保証 アフターフォロー

「amazonや楽天、Yahoo!ショッピング」(ホビナビ)で購入した場合、インクの1年保証がついています。
使用後に不具合が生じた場合には、インクの交換が可能です。

一方、インクナビの場合は、以下の保証がついており、ホビナビで購入した場合よりも充実しています。

  • 購入後2年間の保証
  • 型番を間違えて注文した場合の交換対応
  • プリンタを買い替えて不要になったインクの交換
  • 互換インクが原因によるプリンター故障時の補償(※)

(※)インクナビのインクが原因でプリンターが故障した場合、インクナビが指定する新品プリンターの受け取り、もしくは、故障プリンターの修理費用の弁償から選べます。
プリンターをメーカー修理に出している間は、インクナビから代替品が貸し出されるため、プリンター故障による被害を最小限に抑えられます。

インクナビ

インクナビの口コミや評判は?

次に、インクナビ・ホビナビで互換インクを購入した人たちの口コミや評判などをまとめました。

インクつまりがありノズルクリーナーをしたが、解消せず。
約十回しましたが、ノズルのつまりは取れず、そのうち別の色もノズル詰まりとなり、最悪新品と交換したが、今度はプリンターの方がインクを認識せず、新品互換インクを数本ダメにした。
インク認識状態から、印刷したがやはりノズルが詰まっており印刷にむらが出て使用不可。

やはりコスパの良さが際立ちます。
ただ安いインクをずっと使用していると目詰まりを起こす事もあるので、ある程度はそういう事も頭に入れておいた方がいいかもですね。

以前、他社の互換インクを使ったことがあります。
その際、プリンターが全く反応せず困りました。

でもインクナビのものは反応しないということがなく、順調に使えています。

会員登録しておくと定期的に「インクなくなっていませんか」といったメールとあわせて、割引きなどのお知らせもくれます。
注文から発送まで早いのも助かって、リピートしています。

正直な話、私が今回使ったインクナビの「BCI-351+350(6色 増量タイプ)」の互換インクでは、写真印刷をやろうという気にはなれません。

文字だけなら問題ないレベルですが、綺麗な写真印刷を求める場合は純正インクを使用するのが間違いないことが分かりました。
今後の年賀状の写真印刷にも使おうかと思っていたのですが、年賀状に綺麗な写真を載せることにこだわる場合は純正インクを使った方が良いかなと思いました。

もともと詰め替え用インクを使っていたのですが、自分で詰め替えるとどうしても手が汚れてしまうんです。
爪にインクが入ったときは1週間くらい落ちないから本当困っちゃって(苦笑)。

そこで、インターネットの広告で見つけたインクナビさんの互換インクを試しに使ってみたんです。
安いし、今のところはトラブルもありません!

そして何より、インクを詰め替える手間を省けるのが嬉しいですね。
これまで詰め替えにかかっていた手間を考えると、互換インクのほうがコストパフォーマンスが良いと思えます。

インクナビのまとめ

インクナビはインクジェットプリンタ向けの互換インクを販売しています。
インクナビは、amazonで売っているような激安業者と比べると高めですが、品質面では安心して利用できます。

また、互換インクを販売している他社と比べて保証が充実していることから、あなたも安心して使えるのではないでしょうか?

>>インクナビの詳細はこちら