GMOとくとくBBのwimax2+はキャッシュバックが魅力的だが?

GMOとくとくBB wimax2+

GMOとくとくBBのWimax2+は、他社と比べても圧倒的なキャッシュバック金額の高さが魅力的です。

Wimax2+は、どの業者を選んでも通信サービス自体は全く同じなため、キャッシュバックやサポートなどの付随サービスなどで各社に差が見られる程度です。

「GMOとくとくBBはキャッシュバックが受け取れない」といった話を聞きますが、キャッシュバック申請をしても、さまざまな言い訳をして支払わないというわけではありません。
キャッシュバック申請のあった分に関しては、申請内容に誤りがなければ確実に支払われています。

なお、GMOとくとくBBのWimax2+は3年更新となっています。
更新月以外に解約すると解約手数料が必要になりますが、GMOとくとくBBが推奨する別の通信回線に乗り換える場合は対象外です。



Wimax2+の通信サービスは全社同じ

Wimax2+の通信サービスに関しては、通信回線を提供するUQコミュニケーションズが一括して管理しています。

MVNOのように、通信会社によって通信速度が異なることはありません。
GMOとくとくBBでもUQ Wimaxでも、その他の会社でも同じ通信速度になります。

Wimax2+の通信回線は、ドコモやau、ソフトバンクなどと比べて通信エリアが狭いですし、電波の特性により、屋内では受信しづらい欠点があります。
屋内で使う場合に、窓際に端末をおかないと電波を拾うのは難しい場合が多いです。

このため、Wimax2+で最も注意が必要な「3日間10GB」の通信制限はGMOとくとくBBでも適用されます。

通信制限

直近3日間で10GB以上の通信をした場合に、翌日の18時頃~翌2時頃まで通信速度が最大下り1Mbpsに制限されます。
3日間での通信量が10GBを下回れば、制限を受けた翌日に制限は解除されます。

WiMAX2+サービス ネットワーク混雑回避のための速度制限について|UQ WiMAX(ルーター)|【公式】UQコミュニケーションズ
UQコミュニケーションズ【公式サイト】WiMAX2+サービス ネットワーク混雑回避のための速度制限について。超高速モバイルインターネットのWiMAX2+を提供。UQ WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社の高速モバイル通信サービスです。

GMOとくとくBBのWimax2+は手続きすればキャッシュバックできる

GMOとくとくBB Wimax2+ キャッシュバック

GMOとくとくBBのWimax2+は、他社を圧倒する高額なキャッシュバックが魅力的ですが、評判はよくありません。

「GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取るのは不可能」などといったデマも流れるほどです。
一説によると、キャッシュバックを受け取ることができたのは全体の20%という話もあるため、不可能と言いたくなるのも当然かも知れません。

もちろん、GMOとくとくBBに正しく申請手続きを行えば、確実にキャッシュバックされます。

この手続きを忘れてしまう人が多いのは、申請できるのが入会後11ヶ月目と遅い上に、キャッシュバックの案内メールが「基本メールアドレス」に送られるという点です。

この基本メールアドレスには、GMO各社の広告宣伝メールが数多く送られてくるため「スパム」と呼ぶ人もいるほどですが、その中に1通だけキャッシュバックの案内メールが送られるために、思わぬ見落としてしまう可能性が高いというわけです。

これらの問題点に注意して、きちんとキャッシュバック申請をすることで、あなたが指定した金融機関の口座に振り込まれます。

GMOとくとくBBのキャッシュバック特典が受けられるのは、一生に1回のみです。
退会、入会を繰り返しても、キャッシュバックが受けられるのは最初の1回目のみとなります。

GMOとくとくBBのWimax2+は最新機種が無料で提供される

Wimax2+の通信サービスを提供する通信業者の中には、旧世代の機種しか選べないところもありますが、GMOとくとくBBでは最新機種を積極的に採用しています。

すべての機種が無料での提供となるため、レンタル品とは異なり、解約後も返却する必要はありません。

安心サポート(月300円)・安心サポートワイド(月500円)に加入すると、故障時の修理・端末交換が無料になります。
未加入時の修理・端末交換は実費となります。

また、端末を使い始めてから2年8ヶ月が経過した後は、希望者に新たな端末が無料プレゼントされます。
3年で解約しない場合には、最新スペックの新機種に交換しておいたほうがいいでしょう。

GMOとくとくBBのwimax2+は3年更新

GMOとくとくBB wimax2+ 解約

GMOとくとくBBのwimax2+は3年更新となり、更新月に解約した場合には解約手数料はかかりません。

それ以外の月に解約すると、以下の解約手数料が必要になります。

1ヶ月目~24ヶ月目まで:24,800円
25ヶ月目以降、契約更新月以外:9,500円
(いずれも税別)

なお、GMOとくとくBB推奨の別回線に変更した場合は、更新月以外でも解約手数料は不要です。



GMOとくとくBBのwimax2+の口コミや評判は?

次に、GMOとくとくBBのwimax2+を利用している人たちの口コミや評判などをまとめました。

ユーザーとして、私自身の経験になりますが、『GMOとくとくBB 』のサポートは、下記の通り決してよいとは言えません。

  • 平日午後にかけると、3回に1回くらいしか繋がらない
  • 待機時間が長い

『GMOとくとくBB 』は、料金が安いだけあって、サポートについてはやや不安が残ります。

ただ、そもそもWiMAXの設定自体は簡単なので、問い合わせの機会はほぼないので、あまり気にする内容ではないかもしれません。

GMOとくとくBBのキャッシュバックは11ヶ月後に誰も使っていないメルアドにキャッシュバックの案内が来て、メールが届いてから30日程度で手続きをしないとキャッシュバックの権利が失効します。
このため半数程度がキャッシュバックを受け取れなくなっているようです。
いろいろ対策できますが、正直ここまで悪評高いキャッシュバックになってしまうと、自分なら大丈夫とかは思わないほうがいいです。

その代わりGMOは月額割引重視のキャンペーンがオススメでしたが・・・

現在、新型コロナの影響でWiMAXは月額割引キャンペーンが大幅値上げになって、キャッシュバックキャンペーンも大幅に減額になっているので、おすすめではありません。

以前は光回線を引いていましたが、引っ越しの予定があったので、手軽なWiMaxを契約しました。
私の場合は設置場所に多少気をつかう必要がありますが(窓側に置くと通信が安定する)、一旦安定すると固定回線のように普通に使えています。

平日の22時前後は回線が込み合っているのか、速度が低下しますが、繋がらないほどではなく普通に使えています。
3日間の合計で10GBという通信制限がありますので、動画を見るヘビーユーザーは気をつける必要があります。

場所によってはWimaxの通信が全然使えない。
自分の地域がそうで、LTEモードにしないとまともに使えず困っているところです。
LTEモードは無制限でなく、月7GBまでなので使い過ぎにも気をつける必要がある。
キャッシュバックが貰える11ヶ月までは使い続けるかな、といったところです。

GMOとくとくBBのwimax2+のまとめ

GMOとくとくBBのwimax2+はキャッシュバックの高さが魅力的です。
しかし、事前に申請方法を知っておかないと、受け取るまでのハードルが高いです。

うっかり申請忘れをしないように、入会後11ヶ月目になったら、GMOとくとくBBの基本メールアドレスをこまめに確認するようにするといいでしょう。

>>GMOとくとくBBのwimax2+の詳細はこちら