ツルスキンでニキビ対策の効果は使い方で変わる?口コミや評判は?

ツルスキン

ツルスキンは洗顔料・ジェルのセットです。
男性肌特有の皮脂量が多くなりやすい特性をもとに、ニキビ肌対策が行えるように成分が配合されています。

ツルスキンは必要な皮脂は肌に残しながらも、ニキビの原因となる余分な皮脂を取り除いていきます。
その後、しっかりと肌を保湿することで、余分な皮脂の分泌を抑えていきます。

ツルスキンは普段どおり洗顔して、ジェルを顔に塗るだけと使い方は簡単な上に、1回1分もあれば終わります。
ニキビ予防に役立つと口コミでも評判です。

ツルスキンの特徴まとめ

ツルスキン 特徴

ツルスキンの特徴をまとめました。

ラインアップ

ツルスキンは、洗顔料(ツルスキンウォッシュ)とジェル(ツルスキンジェル)がセットになっています。

洗顔料で余分な皮脂を取り除き、ジェルに含まれる保湿成分のはたらきで余分な皮脂の発生を抑えていきます。

また、天然由来成分が肌を整えることで、ニキビ予防の効果が得られます。

男性肌に合わせた配合

ツルスキンは女性と比べて皮脂量が3倍、肌水分が約3分の1とインナードライ・乾燥肌になりやすい男性肌の特徴に合わせて、美容成分や保湿成分を配合しています。

一覧にまとめました。

洗顔料(ツルスキンウォッシュ)

  • グリチルリチン酸2K(抗炎症)
  • o-シメン-5-オール(抗菌)
  • ヒアルロン酸(保湿)
  • セラミドNG(保湿)
  • セラミドNP(保湿)
  • チャ葉エキス(抗酸化、抗菌)
  • ローヤルゼリーエキス(保湿、皮脂抑制)
  • 水溶性コラーゲン(保湿)
  • トレハロース(保湿)

ジェル(ツルスキンジェル)

  • グリチルリチン酸2K(抗炎症)
  • ローヤルゼリーエキス(保湿、皮脂抑制)
  • ノイバラ果実エキス(保湿、殺菌)
  • ラベンダー花エキス(抗菌)
  • ローズマリー葉エキス(整肌)
  • キハダ樹皮エキス(抗菌、整肌)
  • トウキンセンカ花エキス(消炎)
  • ハトムギ種子エキス(抗炎症)
  • レモングラス葉/茎エキス(保湿、抗炎症、抗菌)
  • ダイズ種子エキス(保湿)
  • ビルベリー葉エキス(抗酸化)
  • 15種類のアミノ酸(肌バリア)

無添加/低刺激

ツルスキンは、肌への負担が大きいため、以下の成分を使用していません。

  • 合成香料
  • 合成色素
  • パラベン
  • 鉱物油(ミネラルオイル)
  • アルコール(エタノール)
  • 石油系界面活性剤
  • ラウリル硫酸化合物
  • ラウレス硫酸化合物

ツルスキンの口コミ・評判

口コミサイトなどでのツルスキンの口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

特に良い商品でもないのにここまで高くして売りつける理由が分からない。
買ったら損しかしません。
引用元:amazon

使い始めて2ヶ月、昼夜交代勤務、不摂生、寝不足、脱毛などのせいだと思いますが、ニキビが完璧に治るということはありませんでした。
今までニキビが出来ていたところには周期的に出てくる感じです。
ですか、塗った後生活していると脂ぎった感じはなくとても快適です。
規則正しい生活をしてる人には自分以上の効果があるのかな?と思いました。
引用元:楽天市場

ツルスキンを使用し始めて3ヶ月が経ちました。
以前からあったニキビは目立たなくなって満足していたのですが、今でも新しいニキビは普通にできます。
ニキビができにくい肌に仕上げると言う売り文句だったのでその点だけ「本当なのかな?」と疑問です。
引用元:バン美~ノ!

季節の変わり目&最近のコロナでのマスク使用のせいか肌荒れが酷くなってきたので、前から気になっていたこちらを試しに。

使用感はさっぱりしつつもツッパリ感は無いので、いつも焦って化粧水をつけていましたが、全く気にならないのが◎
あとは、オールインワンなので面倒くさがりな私にもぴったりでした^_^

効果の程ですが、使い始めてから乾燥っぽさが無くなりしっとり肌になってきたような?
さらに継続して使って、美肌を目指したいです✳︎
引用元:Yahoo!ショッピング

乾燥肌で肌がかさつきやすく、赤くはれやすいのがコンプレックスだったので、ツルスキンを毎日塗ってみることにしました。

赤くなってしまうのは皮膚の炎症が原因です。
ツルスキンには抗炎症作用が含まれているので、赤みを抑える働きが期待できます。

ざらざらした皮膚だったのが、滑らかになった気がします。
ツルスキンが炎症を抑えて、肌のキメを整えてくれた可能性があります。

スーッと角質までツルスキンは浸透してくれて、べたつかないのに化粧水と乳液とニキビ予防の効果が見込める優れものです。
引用元:美男

口コミまとめ

ツルスキンはニキビの治療薬ではないので、ジェルを塗れば消えるというものではありません。

また、にきびは皮脂の過剰だけが原因ではなく、大人ニキビの場合はさまざまな要素が重なって起こります。
その結果、ツルスキンを使い続けてもニキビが新たにできるおそれはあるため、大人ニキビ特有の対策も必要になります。

ツルスキンの原材料・成分

洗顔料(ツルスキンウォッシュ)

水、ココイルグルタミン酸TEA、DPG、ベタイン、グリセリン、アシル(C12,14)アスパラギン酸TEA、ココアンホ酢酸Na、コカミドプロピルベタイン、BG、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ラウリン酸PEG-80ソルビタン、グリコシルトレハロース、カプリル酸グリセリル、加水分解水添デンプン、クエン酸、グリチルリチン酸2K、o-シメン-5-オール、トレハロース、キシリトール、ヒアルロン酸Na、イソペンチルジオール、PCA-Na、水添レシチン、フィトステロールズ、チャ葉エキス、ローヤルゼリーエキス、セラミドNG、セラミドNP、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、フェノキシエタノール、クエン酸Na

ジェル(ツルスキンジェル)

水、グリセリン、イソペンチルジオール、スクワラン、ベタイン、ラフィノース、トレハロース、フェノキシエタノール、カルボマー、(C12-16)アルコール、水酸化K、パルミチン酸、グリチルリチン酸2K、水添レシチン、トコフェロール、BG、タウリン、リシンHCl、アラニン、ヒスチジンHCl、アルギニン、セリン、プラセンタエキス、プロリン、グルタミン酸、トレオニン、バリン、ロイシン、グリシン、ローヤルゼリーエキス、ノイバラ果実エキス、アラントイン、イソロイシン、フェニルアラニン、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、キハダ樹皮エキス、トウキンセンカ花エキス、ハトムギ種子エキス、レモングラス葉/茎エキス、ダイズ種子エキス、ビルベリー葉エキス

ツルスキンの効果的な使い方

ツルスキン 使い方 効果

ツルスキンは、普段の洗顔のタイミングでツルスキンウォッシュ・ツルスキンジェルを続けて使うだけと簡単です。

ツルスキンウォッシュは容器から取り出した時点で泡立っているため、そのまま顔につけられます。
1回あたりの使用量の目安は4,5プッシュ、軽く濡らした顔全体に泡を広げていきます。

その後、しっかりとすすいで汚れや余分な皮脂を取り除きます。

洗顔が終わったら、顔の水分を取り除き、ツルスキンジェルを塗ります。
1回あたりの使用量の目安は2cm程度、顔全体に広げることで保湿できます。

なお、ツルスキンの効果を実感するまでには個人差が見られます。
肌のターンオーバー周期や体質、生活習慣などによって、効果を実感するまでの時期に違いが出ます。

ニキビ治療が必要な場合は、薬の併用も効果的です。

ツルスキンの販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

ツルスキン 販売店 価格 最安値

ツルスキンは、どこで買えるのでしょうか?
販売価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

ツルスキンは、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどの店頭では購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

ツルスキンは販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にも、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップで販売されていることが確認できました。

各店舗での販売価格は在庫状況や競合店舗との価格競争で変わることがあるため、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、洗顔料・ジェル各1本ずつのセットで9,980円(税込、送料込)で販売しています。

>>ツルスキンを公式サイトから購入する

定期購入はあるのか?

ツルスキンは、販売元直営の公式通販サイトで定期購入を扱っています。

初回は洗顔料・ジェル各1本ずつのセットで980円、2回目以降は洗顔料・ジェルの詰め替え用を各2個ずつのセットで7,920円(いずれも税込、送料込)となります。

なお、ツルスキンの定期購入には、最低購入回数のシバリはありません。
初回分を受け取った後であれば、いつでも自由に定期購入を解約できます。

>>ツルスキンを定期購入する

まとめ

ツルスキンは、ニキビ肌の原因となる皮脂に着目した洗顔料とジェルのセットです。

余分な皮脂を取り除いて、肌を保湿して皮脂の分泌を適正化することにより、ニキビが起こりにくい肌にしていきます。
美容成分のはたらきで美肌作りをサポートします。

なお、大人ニキビの場合は、皮脂量に関係なく発生する場合があるため、注意が必要です。
ツルスキンをしばらく使ってみて様子を見たほうがいいでしょう。

>>ツルスキンの公式サイトはこちら