kinto oneはトヨタのレクサスにも乗れる!評判は?

kinto one

kinto oneは、トヨタ車を対象とした個人向けカーリースです。
コンパクトカーからSUV、レクサスなど、さまざまな車種を用意しています。

kinto oneは、一般的なカーリースでは対象外となっている任意保険もセットになっています。
特に、等級の低い人にとっては保険料が割安に感じられるのではないでしょうか。

このため、kinto oneはカーリースの割にオトク度が高いことから注目されています。
口コミでも評判です。

kinto oneの口コミ・評判

kinto oneの口コミや評判をまとめました。

クルマのサブスクリプションサービスは「クルマの使用を提供」するサービスなので、クルマをどんなふうに使っているかで「損した気分になる人」「得した気分になる人」が出てしまう・・・
クルマを所有することに満足感を得るユーザーには少し理解がしにくいサービスなのです。
引用元:理系会社員の副業ライフスタイル

KINTO ONEの特徴まとめ

KINTO ONE 特徴

KINTO ONEの特徴をまとめました。

トヨタ車が対象の個人向けカーリース

KINTO ONEはトヨタ車の新車を対象とした個人向けカーリースです。
オプションなどもつけて契約できます。

一方、日産やホンダ、マツダなどの他社のカーリースはできませんし、新古車・中古車も対象外です。

中古車は一部地域でテスト販売をしていますが、扱いを中止している場合もあります。

リース期間は3年/5年/7年

KINTO ONEは、リース期間を3年/5年/7年から選べます。

なお、レクサスを選んだ場合、リース期間は3年のみとなります。

任意保険もセット

一般的なカーリースだと、自賠責保険料、自動車重量税、事務手数料などが月々の支払いに含まれます。
また、車検や定期メンテナンスなどはオプションになっていることが多いです。

一方、KINTO ONEでは、一般的なカーリースでは対象外の任意保険もカーリースに含まれます。
任意保険の等級が高い人にとっては保険料が高い一方、等級が低い人からは割安に感じられる水準になっています。

5年・7年リースにすると車検費用もセットになります。

中途解約金が免除される場合も

一般的なカーリースだと、リース期間内に中途解約をすると解約手数料や違約金が必要です。

もちろん、KINTO ONEでも中途解約すると解約金が必要ですが、以下の場合は違約金が不要になります。

  • 免許を返納して無免許になった場合
  • 会社から海外転勤を命じられた場合

kinto oneの利用の流れ

kinto oneの利用の流れをまとめました。

  • Web/提携販売店で申し込み
  • カーリース審査の実施
  • オンライン契約
  • ディーラーから車の受け取り

>>kinto oneの詳細はこちら