SHOCHU X(ショウチュウエックス)は値段が高い?口コミや評判は?

SHOCHU X ショウチュウエックス

SHOCHU X(ショウチュウエックス)では、全国の蔵元と提携し、高級焼酎の開発・販売を行っています。
高級焼酎といえば、森伊蔵や魔王などが有名ですが、手軽に手に入りにくい状況が続いています。

そこで、SHOCHU X(ショウチュウエックス)では、手軽に手に入る高級焼酎として麦焼酎「希継奈」を開発しました。
一般的な麦焼酎の3倍もの量の大麦を使用し、全麹3段仕込みにより、5年かけて、じっくりと熟成されました。

このため、SHOCHU X(ショウチュウエックス)の麦焼酎「希継奈」は1本9,400円(税込)と値段は高いです。
口コミや評判などをまとめました。

SHOCHU X

SHOCHU X(ショウチュウエックス)の口コミ・評判

SHOCHU X(ショウチュウエックス)の口コミや評判をまとめました。

これは麦の香りなの‥?
今までに感じたことのない香りなので、言語化がとても難しです!笑
ふくよかな麦といわれたら、そうかもしれないけど‥

水割りにすると、香りが落ち着きます。
麦の香ばしさというよりは、ちょっぴりほろ苦い味わいいです!

お湯割りは個人的に大好きですね!
お湯と混ざることで、優しい香りがあたりに漂います。
余韻に麦のコクと旨味が残るので心地いいです!
引用元:焼酎プロモーションメディアRANBIKI(ランビキ)

40度ということでまずはカッと強めのアルコールを。
だんだんとアルコールが引いていくと焼酎特有のコクと風味を感じる。

次第にバニラを彷彿とさせるまろやかな甘み。
さらにはチョコレートの様なビターさすらも感じるからこの風味の変化に驚かされる。
これが本当に焼酎だろうか?

日本酒の様な米の清廉潔白な旨味と甘味とも違う。
ウイスキーのピート臭はないもののふんわりとしたバニラの様な甘みにも似てるようだがまた非なり。
はたまたテキーラのアガベの様な燦々とした甘味とも異なる。
引用元:品川イッコー 公式ブログ

SHOCHU X(ショウチュウエックス)の特徴まとめ

SHOCHU X ショウチュウエックス 特徴

SHOCHU X(ショウチュウエックス)の特徴をまとめました。

未来に語り継がれるブランド

SHOCHU X(ショウチュウエックス)は、焼酎が安売りされがちな状況に一石を投じるべく、「語り継がれる1本」を作り出すために生まれたブランドです。

各地の蔵元と提携して、完全オリジナルの高級焼酎の開発・販売に取り組んでいます。

麦焼酎「希継奈」

SHOCHU X(ショウチュウエックス)では、第1弾として明治18年創業の福岡県朝倉市・ゑびす酒造と提携し、麦焼酎「希継奈」(きずな)を製造・販売しました。

アルコール度数は40度と、一般的な焼酎と比べても高めです。

希継奈の特徴をまとめました。

二条大麦「ほうしゅん」「はるか二条」を使用

希継奈では原料となる麦に、朝倉市で栽培/収穫された二条大麦「ほうしゅん」「はるか二条」を使用しています。

「ほうしゅん」は、ほのかにフルーツを連想させるような甘さがあり、「はるか二条」は繊細でコクのある、麦本来の風味を楽しめます。

全麹3段仕込み

全麹3段仕込み

希継奈を作るにあたって、焼酎作りでは珍しい「全麹3段仕込み」を採用しました。

現在は2段仕込みが主流ですが、希継奈では1段目の麹造りに黒麹を、2・3段目には白麹菌を用いることで、手間と時間をかけて作っています。

麦麹を通常の3倍使用することで、麦が持つ味わいを最大限引き出すことができます。

ホーロータンクで5年熟成

希継奈では、樽やかめではなく、ホーロータンクに入れて5年間しっかりと熟成させています。

ホーロータンクでの熟成というと低品質なイメージがあるかもしれませんが、外部の香りや菌などの影響を受けないというメリットがあります。

このため、希継奈を熟成させるためには最適という判断によるものです。

返金保証つき

SHOCHU X(ショウチュウエックス)で販売している焼酎には返金保証がつけられています。

希継奈などを飲んで満足できなかった場合、到着後14日以内に所定の手続きを済ませることで、開封後でも返品・返金が可能です。

なお、中身を半分以上を飲んだ場合には、返品できない場合があります。

まとめ

SHOCHU X(ショウチュウエックス)では、2021年5月時点では希継奈のみとなっていますが、今後もラインアップは増えていく予定です。

高級焼酎が中心のため、価格帯は高めですが、口コミでも高く評価されるなど、評判となっています。

>>SHOCHU X(ショウチュウエックス)の詳細/購入はこちら