CannaTech(キャナテック)CBDの口コミ評判をレビュー

CannaTech キャナテック

CannaTech(キャナテック)は、アメリカの提携企業からCBDを仕入れています。
麻薬成分のTHCが含まれていないだけでなく、特許製法により、他のカンナビノイドやテルペンを残したまま抽出しています。

このため、ブロードスペクトラムの商品で複数のカンナビノイドによるアントラージュ効果の違いを実感しやすいです。

CannaTech(キャナテック)は、このCBDを用いて、神奈川県内の工場で自社生産しています。
CBDグミやCBDオイル、CBDワックス、VAPEと幅広く展開しています。

このため、CannaTech(キャナテック)は口コミでも評判となっています。
利用者の感想などをレビューしました。

CannaTech(キャナテック)の口コミ・評判

CannaTech(キャナテック)の口コミ・評判をまとめました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

CBDグミの味は少し苦みがあり、食べていると喉がピリピリしてきます。
そんなに不快な味ではないですが、効果がちょっとわからないです。
眠くなるのを期待して購入しましたが、特に眠くもならないです。
引用元:楽天市場

非喫煙者だが、吸引式のCBDを試してみたかったので購入。
一度20%の使い捨ての物を使った事があり、それに比べると結構キツく、むせる事もあったが、吸い方を工夫すれば大丈夫だった。
さすが高濃度という事もあり、効果はしっかり感じられる。すがいい感じです。
引用元:Yahoo!ショッピング

CannaTechではカートリッジ、デバイス共に単体の販売もありますがセットの方が断然お得!
初めての方や低出力デバイスを持ってない方にもセットがオススメです。

なんと!CBDが50%ですよ!!超高濃度です。
しかも、最新製法でTHCのみを取り除いたブロードスペクトラムなので有用な他のカンナビノイドやテルペンも豊富に残っているそう。

超高濃度なので「肺や喉に刺激があるかな?」と思いましたが意外とそうでもないですね。
シトラスと草っぽい香りで吸い易いです。
テルペンも豊富に含まれているからでしょうか?香りも心地よいです。

ただ、鼻の粘膜にピリピリとした刺激があり、やはり超高濃度なのを実感します。

休日、記事を書くために数パフ吸ったのですが、結構な眠気に襲われてぐっすり昼寝してしまいました(;’∀’)
休み自体は寝てしまって無駄になりましたが気分はスッキリしてます。

夜型人間なのでダラダラ夜中までテレビを観てたりして睡眠不足傾向だったのですが、なんだか一気に解消された気分。
引用元:Vape & knick-knacks

CannaTech(キャナテック)のワックスは優れものだった。
結論は、大満足だ。
たった4~5回吸っただけでもう満足感を覚え、リキッドとは比べ物にならない威力を体験できている。
なお、初めてなら多少むせることもあるが、そこまでキック感は強くなく、初心者でも十分に楽しめるワックスだと感じた。
引用元:CBDハック!!

日本製のCBDリキッドの中でも、価格が安くCannaTechのCBDリキッドはかなりおすすめ。

実際に吸ってみると、CBDの草っぽさがあって、爽やかな味ですね。
CannaTech CBDリキッドを初めて吸った感想は、めっちゃリラックスできるって感じました。

普通のCBDと比べると、CannaTech CBDリキッドは全然違うなぁと思って調べてみると、CBDが高品質だったから。
引用元:CBD電子タバコの達人

利用者からの評判が非常にいいことがわかります。

CannaTech(キャナテック)の商品に対する評価も非常に高く、満足している人が多いです。

CannaTech(キャナテック)の特徴まとめ

CannaTech(キャナテック)の特徴をまとめました。

特許技術でTHCのみを除去

日本国内では、大麻取締法のため、CBD(カンナビジオール)を抽出するために大麻草を栽培することはできません。

そこで、CannaTech(キャナテック)では、アメリカコロラド州にあるフォリウムバイオサイエンス社からCBDを仕入れています。

CBD BULK-ヘンプCO2抽出企業|Folium Biosciences
2014年以来、フォリウムバイオサイエンスはブロード&フルスペクトラムCBDを世界に供給しています。オイル、ソフトジェル、チンキ、グミについてはお気軽にご相談ください。

フォリウムバイオサイエンス社では、特許製法(液体クロマトグラフィー抽出)により、大麻草から麻薬成分のTHC(テトラヒドロカンナビノール)のみを除去したブロードスペクトラムヘンプオイルを製造しています。

従来の製法ではCBD以外のカンナビノイドやテルペンなどが失われることが珍しくありませんでしたが、液体クロマトグラフィー抽出では、これらもそのまま抽出できます。
ブロードスペクトラムにすると、少なくとも113種類はあると言われるカンナビノイドの効果をしっかりと実感できますし、アントラージュ効果も感じやすいです。

CannaTech(キャナテック)では、製造元検査・輸入時の検疫などで、THCが一切含まれていないことを確認しています。

国内工場で製造

CannaTech(キャナテック)では、アメリカから仕入れたCBDを用いて、神奈川県にある工場で製造しています。

国産品なども使用することで、日本人の味覚や好みに合わせた商品作りに役立てています。

さまざまな商品を提供

CannaTech(キャナテック)では、以下の商品を販売しています。

  • グミ(アイソレート25mg、ブロードスペクトラム30mg)
  • オイル(アイソレート6%、ブロードスペクトラム1%~30%)
  • ワックス(ブロードスペクトラム88%)
  • VAPE(ブロードスペクトラム50%)

50%CBDリキッドカートリッジとブロードスペクトラムCBDグミがよく売れていますが、その他の商品も好調です。

CannaTech(キャナテック)はクーポン活用で割引

CannaTech(キャナテック)は、不定期に公式サイトでクーポンを配布しています。

クーポンを有効活用することで、オトクにCBD商品を購入できます。

>>CannaTech(キャナテック)はこちら