モバイル保険とアップルケアを比較したら驚きの結果!口コミや評判は?

モバイル保険

モバイル保険は、1契約につき、スマホやタブレット、パソコンなど合計3台まで、無線通信が可能なデジタル機器の故障時に補償が受けられます。
月700円支払うだけで、年間10万円まで修理費用が支払われます。

モバイル保険では、補償額の上限に達しない限り、修理費用は何度でも支払われます。
一時的に立て替える場合はありますが自己負担分はありません。

モバイル保険はアップルケアやキャリアなどが提供する端末補償サービスと比べても充実した内容になっていますが、なにか落とし穴はないのでしょうか?

モバイル保険利用者の口コミや評判などもあわせて調べました。

モバイル保険の補償内容

まずは、モバイル保険の内容をまとめました。

保険料

月700円(非課税)

モバイル保険とメーカー/通信キャリアが提供する有償補償サービスとの併用も可能です。

登録できる端末

端末

モバイル保険は、スマートフォン(iPhone、androidなど)やガラケー、タブレットやPC、カメラやプリンター、ゲーム機など、無線通信が可能なデジタル機器が対象です。

新品であれば購入後1年以内、もしくは、新規取得した日から1年以上であってもメーカー/通信キャリアが提供する有償の補償サービスに加入しており、補償が受けられる状態である場合であればモバイル保険の加入対象です。

また、中古品は、販売店による3ヶ月以上の標準保証がついている国内メーカー(日本法人を設立している海外メーカーを含む)の端末が対象です。

主端末1台、副端末2台の合計3台まで登録可能です。

いったん追加した端末は、あなたが主端末・副端末から外さない限り、永遠にモバイル保険の保険金支払い対象となります。

補償内容

モバイル保険では、回数・タイミングに関係なく、年間10万円まで修理費用を支払います。

端末故障だけでなく、全損や盗難も対象です。紛失は対象外です。

なお、主端末と副端末で補償金額の上限が変わります。

補償内容

また、モバイル保険の提携店舗では、一部端末(※)に限り、マイページから事前に利用申請を行うことで自己負担0(補償上限を超えない場合のみ)で修理が受けられます。

(※)iPhoneシリーズ、Google Pixelシリーズが対象です。

モバイル保険とアップルケア等とを比較

モバイル保険とアップルケア、キャリアの端末補償サービスなどと比べると、どれが優れているのでしょうか?

結論から言うと、モバイル保険のほうがメリットが多いです。


出典:楽天保険の総合窓口(https://hoken.rakuten.co.jp/mobile/products/sakura/)

なお、モバイル保険の場合は、提携店舗での修理を除き、いったん修理費用を支払った上で、保険金の支払いを受けることになります。
通常よりも手間や時間がかかるという点が面倒に感じるかもしれません。

また、アップルケアなどで無料で行えるバッテリ交換は、モバイル保険では自然劣化となるため、保険金の支払対象ではありません。
海外での端末故障なども保険の対象外です。

モバイル保険の口コミや評判は?

次に、モバイル保険を契約している人たちの口コミや評判などをまとめました。

壊れたら買い換えるだけだから、こんな保険に支払うんだったら、その分を次の端末代に回したほうがマシ。
中古品なら数千円でも良い端末が買えるし。

修理不能な場合の保険金額は、主端末、副端末共に決して高くないです。
正直なところ、モバイル保険は修理には強い保険ですが、修理不可で新しいものを購入する必要が出てきた時のカバー力はそこまでありません。

10万円のiPhoneが壊れて新しいのを買うときに2万5千円しか保証されないのはちょっと寂しいよね。

古い端末が補償対象に出来ない、補償外の事例が多い

年間8,400円となります。
修理代が2万~3万だとすると、2年間で1回以上の修理が発生すれば、お得だと言えます。
さすがにいいところの値段設定だと言わざるをえませんが、「2年間に1回程度の破損の可能性があると思う人」と言われれば、多くの人が当てはまるのではないでしょうか?

解約はマイページでいつでも簡単にできるというのも魅力です。

修理しない、修理代金が発生しない場合には1円も支払われません。
例えば、iPhone 8の電源が入らなくなったが修理が面倒だから機種変更してしまった。
この場合、補償は受けられません。

実際に端末を壊す回数が多い人は、モバイル保険に満足しているケースが多いです。
キャリアやメーカーの端末補償と比べて、自己負担額が少なく済むからです。

一方、端末代が安かったり、物持ちがよく壊さない人からは、掛け捨ての無駄な保険となるために不満も見られました。

端末の使用状況によって満足度も変わりますが、保険は「万が一のため」に加入するためのものですから、何事もなくても良かったというのも一つの考え方でしょう。

>>モバイル保険の詳細はこちら