尿酸キクA錠は痛風に効果なし?尿酸値が下がる?口コミや評判は?

尿酸キクA錠

尿酸キクA錠は、尿酸値が高め(5.5mg/dL~7.0mg/dL未満)な男性の尿酸値を下げる機能があるルテオリンを配合した機能性表示食品です。
尿酸値が9.0mg/dLを超えると痛風になるリスクが高まるため、早いうちに対応しておきたいものです。

一方、尿酸キクA錠は痛風の人が飲んでも効果が得られるのでしょうか?
痛風の薬は副作用が心配だから、サプリメントの尿酸キクA錠で済ませたいと思っているかもしれません。

尿酸キクA錠を飲んでいる人たちの口コミや評判などをまとめました。

尿酸キクA錠の口コミ・評判は良い?悪い?

まずは、尿酸キクA錠の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

菊に対する花粉症があり、菊由来の成分が入っているとのことで飲むのをやめました。

尿酸キクA錠を飲んだら安心だと思って、ビールなどをいつもどおりに飲んでいたら、尿酸値が逆にあがった。
予防効果がないですね。

良い口コミ

健康診断の結果が楽しみ!

尿酸値を正常値に近づけたくて使い始めました。
4週間続けてみたところ、減少したのでうれしかったです。

口コミ評判まとめ

尿酸キクA錠の口コミは少ないですが、満足している人が多い印象です。

今後、口コミの数が増えてくれば、さまざまな内容の意見が増えてくるものと思われます。

尿酸キクA錠の評価は?

口コミサイトなどでの尿酸キクA錠の評価は見つかりませんでした。
今後も調査を続けてまいります。

尿酸キクA錠の特徴

尿酸キクA錠 特徴

次に、尿酸キクA錠の特徴をまとめました。

機能性表示食品

機能性表示食品

尿酸キクA錠は、尿酸値が高め(5.5mg/dL超~7.0mg/dL未満)な健常人男性を対象とした機能性表示食品(届出番号:E118)です。

尿酸値が高め(5.5mg/dL超~7.0mg/dL未満)な男性の尿酸値を下げる機能があることが報告されている「ルテオリン」を配合しています。

試験結果

尿酸値が5.5mg/dL~7.0mg/dLの男性10名に「ルテオリン」を1日10mg含む菊の花エキスを4週間摂取させる臨床試験の結果では、血中尿酸値が有意に低下したことが確認されています。

尿酸キクA錠は1粒で「ルテオリン」を10mg摂取できます。

ルテオリンの特徴

ルテオリン

尿酸キクA錠で機能性関与成分として配合されている「ルテオリン」は、菊の花由来のポリフェノールです。

ルテオリンは「プリン体からキサンチン」、「キサンチンから尿酸」のそれぞれにアプローチをすることで、尿酸の過剰生成を抑制します。

PTPシートにて個包装

PTPシート

尿酸キクA錠は、医薬品で使われることが多いPTP(press through pack)個包装シートを採用しました。

PTPシートにより、湿度や紫外線などによって傷むリスクが大幅に下がります。
錠剤の破損を防げる上に、持ち運びもしやすいなどのメリットがあります。

日本国内のGMP認定工場にて製造

尿酸キクA錠を安心して摂取できるように、国内GMP認定を受けた工場で製造されています。

GMP認定工場では、一定レベルの品質基準を満たすための仕組み作りがされています。

尿酸キクA錠に含まれている原材料・成分

尿酸キクA錠 原材料 成分

尿酸キクA錠で使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

原材料

菊花抽出物(菊の花エキス、澱粉分解物)、還元パラチノース、難消化性デキストリン

食品添加物

ステアリン酸カルシウム

尿酸キクA錠の問題点

「尿酸キクA錠は医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

なんらかの問題が出た場合には、摂取を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

食物アレルギー

まず気になるのが食物アレルギーではないでしょうか?

尿酸キクA錠には、特定原材料と特定原材料に準ずるものに当てはまるのはありません。

それ以外にも、尿酸キクA錠には、菊など、あなたにとってアレルゲンとなる食材が含まれているかもしれません。
食物アレルギーのある人は事前にチェックしておくと安心です。

過剰摂取

尿酸キクA錠の摂取量を増やしても効果が高まるわけではありません。
摂取量が多すぎると、栄養分のとりすぎとなるために、体調不良が起こる可能性があります。

1日の目安量を守った上で使うようにするといいですね。

他のサプリや薬との飲み合わせ

尿酸キクA錠と他のサプリメントや薬との飲み合わせで、効果が強くなりすぎたり、逆に弱まる可能性があります。
気になることがあれば、医師や薬剤師に相談するといいでしょう。

尿酸キクA錠を効果的に飲むためには?効果的な使い方は?

尿酸キクA錠 飲み方 効果

尿酸キクA錠は、機能性関与成分である「ルテオリン」を1粒あたり10mg配合しています。

機能性表示食品は薬ではないため、飲む量やタイミングが厳密に決められているわけではありません。
1日あたりの摂取量の目安である1粒を毎日飲み続けることが重要です。

臨床試験では4週間の摂取で尿酸値の低下が見られましたが、効果には個人差が見られます。
予防も含めて、尿酸値の高さが気になる場合は、尿酸キクA錠を飲み続けたほうがいいでしょう。

なお、販売元では、以下のように注意喚起を行っています。

7.0mg/dL以上は高尿酸血症のため、医師の診察を受けるようにしてください。

痛風の発作がでるような状況では、医師に相談したほうがいいですね。

尿酸キクA錠の販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

尿酸キクA錠 販売店 価格 最安値

尿酸キクA錠は、どこで買えるのでしょうか?
販売価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

尿酸キクA錠は、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどの店頭では購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

尿酸キクA錠は販売元直営の通販サイトのみでの販売です。

調査した時点では、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップでは購入できませんでした。

販売元直営の公式通販サイトでは、1箱30粒入3,200円(税別、送料別)で販売しています。

定期購入はあるのか?

尿酸キクA錠は、販売元直営の公式通販サイトで定期購入を扱っています。

1箱あたり初回1,600円、2回目以降は3,200円(税別、送料込)とオトクになります。

なお、尿酸キクA錠の定期購入には、最低購入回数のシバリはありません。
初回分を受け取った後であれば、いつでも自由に定期購入を解約できます。

>>尿酸キクA錠を定期購入する

定期購入の解約方法は?

尿酸キクA錠の定期購入を解約する場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか。

現在は電話、メールで解約を受け付けています。

電話の場合は、その場で解約手続きは完了します。

メールの場合は、担当者が営業時間内に確認した後に、返信メールが届いた時点での解約となります。
送信した内容に不備があると、担当者から確認のメールや電話が来ますので、手続完了まで更に時間がかかります。

急ぎの場合は、電話で解約手続きをしたほうが良いでしょう。

解約手続き申し込み締切日は、次回配送予定日の10日前です。
締切日をすぎると次回分を受け取ってからの解約になります。

まとめ

尿酸キクA錠は、尿酸値が高め(5.5mg/dL超~7.0mg/dL未満)な人のための機能性表示食品です。
1ヶ月程度飲み続けることで、尿酸値の低下が期待できます。

血液検査で高尿酸血症と指摘を受けたり、痛風の発作が出た場合には、医師の治療を受けたほうがいいでしょう。

>>尿酸キクA錠の公式サイトはこちら