インクパークスは本店より楽天やamazonの方が安い?口コミや評判は?

インクパークス

インクジェットプリンタのインクはメーカー純正品を買うと高いですね。

そこで、安く購入できる互換インクが各社から発売されていますが、安いからいいというわけでもありません。
性能の悪い互換インクを使うと、プリンタで正しく認識されなかったり、色合いが悪い、プリンターが故障するなどといったトラブルが発生しています。

インクパークス」は、キヤノン、エプソン、ブラザー、ヒューレット・パッカード(HP)のプリンターの互換インクを販売しています。
インクパークスは各社純正インクの半額程度、最大90%OFFで購入することができますし、15時までに注文・決済を済ませると当日発送が可能です。
尼崎市武庫之荘近辺に住んでいる人であれば、ネット注文の後に店舗で受け取ることも可能です。

インクパークスは本店以外に楽天やamazon、Yahoo!ショッピングなどで購入することはできるのでしょうか?
それぞれのネットモールのポイントや独自の決済方法などを使ってオトクに買えたら嬉しいですよね。

インクパークスの互換インクはどこで買えばいい?

インクパークス 本店 楽天 amazon Yahoo!ショッピング

インクパークスは、2020年5月時点で本店とYahoo!ショッピングに出店しています。
楽天市場やamazonではインクパークスの互換インクを購入することは出来ません。

いくつかの商品で、本店とYahoo!ショッピングでの販売価格を比較してみました。
(2020年5月18日に調査した時点での価格です。最新の価格は改めて確認してください)

商品名 本店 Yahoo!
KUI-L 2,980円 3,280円
BCI-351XL-350XL-6 1,420円 1,320円
LC11-16-4 1,850円 1,850円

商品によっては、本店よりもYahoo!ショッピングのほうが安い場合もありました。
PayPayの還元キャンペーンなどもチェックしながら、両方のサイトを比較して購入先を選んだほうがいいですね。

なお、本店独自のセールを開催しており、最大90%OFFという激安商品も存在します。
1回3,000円以上で黒インク1本プレゼント、3万円以上のまとめ買いで、さらに最大10%OFFとオトクに買えるのも嬉しいですね。

また、本店では「購入金額100円に付き1ポイント」が付与されます。
「1ポイント=1円」として、次回以降の買い物に使えます。

インクパークスの特徴

インクパークス 特徴

次に、インクパークスの特徴をまとめました。

高い互換性と安定した品質

互換インク 比較

インクパークスで販売しているインクは、純正品に塗料を新たに充填した「リサイクルインク」ではありません。
カートリッジやインクなどを全て新たに製造した「互換インク」です。

インクパークスの互換インクは純正品と比べて95~97%の品質となっており、通常使用には純正インクと比べても遜色ありません。

プリンタを認識したり、インク切れのタイミングを制御する「ICチップ」も搭載しており、正しく動作するように調整しています。

インクパークスでは、当然ながら、プリンターに正しく認識されないインクは返品・交換対象です。
購入後1年間の保証がついています。

なお、インクパークスをはじめとして、各社の互換インクは長期保管すると色あせしやすい傾向が見られます。

写真画像を写真用紙にプリントアウトして保管する場合などは、メーカーの純正インクを使うか、写真屋で現像してもらったほうがいいでしょう。

海外工場にて製造/中間コストをカット

コストカット 低価格

インクパークスの互換インクは、ISO9001とISO14001を取得した海外工場にて製造したものを直輸入しています。

卸を挟まないことで中間コストをカットしており、高品質でありながら低価格で提供することができます。

インクパークスでは、発生する確率は非常に低いですが、互換インクが原因でプリンター本体が故障した場合の保証はありません。
プリンタ本体の保証や代替プリンタの貸し出しなどを行う販売業者(インク革命やインクナビなど)もありますが、保証がない分だけインクパークスのほうが安いです。

1回3000円以上購入で黒インク1個プレゼント

黒インク プレゼント

インクパークス本店では、1回あたりの購入価格が3,000円以上を超えると、プレゼントコーナー内の黒インク1個を無料で受け取れます。

全ての機種の黒インクが用意されているわけではありませんが、主要製品は網羅できています。

また、2,000円以上で送料無料、30,000円を超えると「5%(3万円~5万円)から10%(10万円以上)割引」とさらにお得です。

支払い/受け取り方法

インクパークス本店で対応している支払い方法は以下のとおりです。

  • 後払い決済(コンビニエンスストア・銀行:手数料200円)
  • 代引き(手数料380円、5,000円以上購入で無料)
  • 銀行振込(振込手数料は自己負担)
  • クレジットカード

配送方法は、メール便(230円、2,000円以上購入で無料)・宅配便(540円、4,000円以上購入で無料)から選べます。
15時までに決済が完了すれば、その日のうちに出荷されます。

また、インクパークス本店では、営業時間内(日曜祝日を除く11:00~17:00)に限り、店舗受取りも可能です。

店舗での支払いは不可、インクが受け取れるのは注文後1時間後以降といった制限はありますが、尼崎、伊丹、西宮あたりに住んでいる人であれば、店舗受け取りを選んでもいいかもしれません。

インクパークスの口コミや評判は?

次に、インクパークスの互換インクを購入した人たちの口コミや評判などをまとめました。

6色セットのうち、既使用の黄色、黒色カートリッジを交換のところ、印字が薄く不鮮明なため、残りの4色カートリッジを交換しても、状況に変化なし。
残念。

リピーターです。
配送が早く、ポストインなので受取りを逃すことなく利用できるので大変助かっております。

我が家では、長年愛用している、高品質な互換インクのオンラインショップがあります。
それがインクパークス!
これまで3年ほど買い続けていますが、不良品に当たったこともありません。

品質や保証面でインク革命、インクナビより少し劣るものの、一部インクが激安なのがインクパークス。
文書印刷ならばコスパでインクパークスを選ぶのもアリでしょう。

インクパークスはインク革命やインクナビと異なり、プリンター本体の保証がありません。
互換インクが原因でプリンターが故障した場合でも、自己責任となります。
品質は間違えなく良いので、故障する確率は低いとは思いますが、新品のプリンターで使う場合は、インク革命やインクナビの方が安心と言えるでしょう。

今回は年賀状用途としてインクパークスの互換インクを使ったのでレビューしていきます。

結論から言ってしまうと
・送料無料条件がユルイことはもちろん
・肉眼レベルでは純正インクとの違いが分からない
めっちゃ満足できる互換インクでした。

インクパークスのまとめ

インクパークスはインクジェットプリンタ向けの互換インクを販売しています。
レーザープリンタ向けのリサイクルトナーは販売していません。

インクパークスは、amazonで売っているような激安業者と比べると高めですが、品質面では安心して利用できます。
口コミを調べた範囲では、プリンターが故障したというクレーム等は見つかりませんでした。

それでも、安心感が欲しい場合には、インクパークスよりインク代は少し高めですが、プリンター保証までも網羅している業者で買ったほうがいいでしょう。

>>インクパークスの詳細はこちら